甲子園歴史館ホーム 夏の高校野球特別展2019~令和を迎える高校野球特集~

夏の高校野球特別展2019~令和を迎える高校野球特集~

 甲子園歴史館では、7月30日(火)から8月25日(日)まで、企画展「夏の高校野球特別展2019~令和を迎える高校野球特集~」を開催します。
 今回の企画展では、新元号「令和」として迎える初の高校野球として、「大正」から始まる夏の高校野球の歴史を各元号(大正・昭和・平成)で振り返るとともに、令和『初』の高校野球として、大会『初』優勝、『初』の決勝満塁本塁打といった『初』の出来事の紹介、「令和」の時代を担うプロ野球選手の甲子園での活躍などを紹介いたします。
 このほか、大会の歴史や前回の100回記念大会振り返り展示、8月6日(火)に開幕する第101回全国高等学校野球選手権大会出場校の紹介、大会期間中、選手権大会優勝校に贈られる優勝旗・優勝盾の展示に加え、8月3日(土)に実施される抽選会で使用された校名プレートを展示するなど盛りだくさんの内容となっております。

令和を迎える高校野球特集

 令和で迎える初めての高校野球として、様々な展示を行います。1つは、元号で振り返る高校野球ということで、元号毎に分けて大会史を振り返ります。豊中球場で行われた第1回大会から高校野球人気が高まった12回大会までの「大正」、ラジオ中継が始まった13回大会から浩宮さま(現:天皇陛下)が始球式を務めた70回大会までの「昭和」、帝京が初優勝を果たした71回大会から記念すべき100回大会までの「平成」の時代をパネルや展示品を通して振り返る内容です。
 加えて、令和『初』の大会ということで、これまでの大会の『初』に注目した、『初』アラカルトを紹介します。第1回大会の『初』優勝や昨年の第100回大会でのタイブレーク『初』適用まで、『初』の出来事をパネルと展示品で振り返ります。さらに、名将たちの初試合ということで、夏の選手権大会の勝利数上位5監督の、甲子園『初』采配の結果を紹介します。名勝負から意外と知られていない『初』まで、充実の展示内容となっております。
 さらに、新しい時代に活躍が期待されるプロ野球選手の高校時代にスポットを当てた『令和を彩る怪物たち』を紹介。現在、プロ野球で活躍中の選手や、これから活躍が期待される選手の高校時代の甲子園の成績などが一目でわかる展示となっております。盛りだくさんの展示内容となっておりますので、是非お楽しみください。

《主な展示品》
・中京商
ユニフォーム
・第47回大会 三池工
ユニフォーム
・第76回大会 佐賀北
決勝戦で満塁本塁打を放った西原正勝選手のバット
・第78回大会 松山商
優勝記念皿
・第97回大会
王貞治氏 始球式時に使用したシューズ
・履正社
山田哲人選手 ユニフォーム 他

※展示内容は変更となる場合があります。

100回記念大会振り返り展示

 昨年、大阪桐蔭の史上初の2度目の春夏連覇で幕を閉じた記念すべき第100回全国高等学校野球選手権記念大会を、貴重な展示品やパネルで振り返ります。

《主な展示品》
・大阪桐蔭
中川卓也選手
ユニフォーム
・金足農
吉田輝星選手
実使用グローブ
・龍谷大平安
原田英彦監督
ユニフォーム(甲子園春夏通算100勝達成時のもの)
・済美
矢野功一郎選手
バット(史上初のサヨナラ満塁本塁打時)他

※展示内容は変更となる場合があります。

球場95周年記念 写真で振り返る阪神甲子園球場

 今年の8月1日に、95周年を迎える阪神甲子園球場。その甲子園球場の歴史を写真で振り返ります。1924年に誕生した甲子園球場や、アルプススタンドの誕生、リニューアル工事まで甲子園球場の歴史を懐かしい写真で振り返ります。

※展示内容は変更となる場合があります。

三代目深紅の大優勝旗、優勝盾、優勝メダルの特別展示

 8月6日(火)の第101回全国高等学校野球選手権大会開会式終了後から決勝戦前日まで、優勝校に贈られる「三代目深紅の大優勝旗」を特別展示いたします。
また、7/30(火)~決勝戦前日までは、優勝校に贈られる「優勝盾」、企画展期間中は歴代優勝メダルも展示致します。

※展示期間は予定となります。急遽変更となる場合がございます。

出場校名プレート

 8月4日(日)から前日の8月3日(土)に行われる組み合わせ抽選会で使用された校名プレートを展示します(予定)。お好きな学校のプレートを持って記念撮影をお楽しみ下さい。

※展示内容は変更となる場合があります。